小竹眼科

診療案内

このような症状はございませんか?

このような症状はございませんか?

緑内障 視野が狭くなる、視野が欠けている、頭痛、吐き気
白内障 目が霞む、まぶしい、視力低下、眼鏡が合わない
糖尿病網膜症 急な視力低下、目が霞む、糖尿病を患っている
加齢黄斑変性 視野が歪む、中心が見えない、色が分からない
網膜裂孔・網膜剥離 黒い点やゴミが見える、目の前に光が走る
ドライアイ 目が乾く、目がごろごろする、目やにがでる、目がかゆい、目が赤くなる
眼精疲労 目が疲れる、目が痛い、焦点が合いにくい、頭痛、めまい
近視 近くは見えるが遠くがぼやける
アレルギー 目がかゆくなる、目が赤くなる

緑内障

緑内障

緑内障は視神経が何らかの原因により障害を受け視野(見える範囲)が狭くなる病気です。
現在中途失明原因の1位とされ、40歳以上の約20人に1人の方が罹患しているといわれています。

通常の緑内障はゆっくりと進行し自覚症状に乏しいため発見しにくく、健康診断でみつかる場合が多いです。一度障害された視神経をもとに戻す方法はなく病気の進行を食い止めることが目標になりますので最も重要なことは早期発見・早期治療です。

当院では眼圧検査、OCT検査(網膜の断層撮影)、視野検査で早期発見に努めています。

OCT検査・視野検査

OCT検査・視野検査

治療法はまず薬物療法で眼圧を低くコントロールしますが現在では効果の良い点眼薬が多く、根気よく治療を続ければ十分に視野と視力を保っていくことができます。
自覚症状が乏しいため点眼加療の有効性や眼科受診の意味を実感できず途中中断され進行してしまう方がいらっしゃいますが、継続的に通院していただくことがなにより大切です。

点眼薬や飲み薬だけでは視野障害の進行が抑えられない場合はレーザー治療や手術により眼圧を下げます。

白内障

白内障

眼の中のレンズの役割をしている水晶体が濁って見えにくくなるのが白内障です。濁る原因の最も多いのが加齢性白内障です。
他にアトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として発症することもあります。

症状は、視力低下、かすみ、まぶしい、眼鏡が合わない、などです。

軽い濁りのうちは生活にほとんど問題はありませんが、一度濁ってしまった水晶体は残念ながらもとには戻りませんので、
生活に不自由を感じるようになりましたら濁った水晶体を取り除く手術で視力を取り戻すことができます。
手術は信頼できる施設にご紹介させて頂いております。

また手術後、眼内レンズを入れるために残している水晶体の袋が濁って視力が落ちてくることがあります。
これは後発白内障といいますが、この場合はYAGレーザーで濁った袋を切開することにより視力は回復します。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病の三大合併症(網膜症、腎症、神経障害)の一つである網膜症ですが、かなり進行するまで視力低下などの自覚症状は乏しく、視力低下を感じたときには非常に重症で手遅れになっていることが多いです。
内科における血糖値のコントロールが上手く行われていても網膜症が進行していることがあるので、糖尿病と診断されましたら眼科で定期的に検査を受けて頂くことが大切です。

治療法は進行具合によります。

糖尿病網膜症の進行

糖尿病網膜症の進行

網膜症のない時期 半年から1年に1回程度の眼科受診 経過観察
単純網膜症 3ヶ月に1回程度の眼科受診 経過観察
前増殖網膜症 1ヶ月に1回程度の眼科受診 レーザー光凝固術が必要です
増殖網膜症 数週から1ヶ月に1回程度の眼科受診 外科的な硝子体手術が行われます。
完全な視力の回復は難しいのが現状です。

糖尿病によるその他の眼の合併症として緑内障、白内障、角膜症や眼筋麻痺などがあります。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

網膜の中心にある黄斑というもっとも重要な部分に老化現象のため委縮や出血、むくみをきたし、一番見たいところが見えなくなってくる病気です。
最初は物がゆがんだり小さく見えたり暗く見えたりします。また急に視力が低下する場合もあります。放置すると進行して視力の回復が不可能になってしまう厄介な病気です。
当院では加齢黄斑変性の診断に大変有用なOCT検査(網膜の断層撮影)にて早期発見につとめております。

糖尿病網膜症の進行

糖尿病網膜症の進行

治療には抗血管新生療法(抗VEGF療法)、光線力学療法、レーザー光凝固術などがあり信頼できる施設にご紹介させて頂いております。
また加齢黄斑変性のサプリメントも販売されており有用である場合もあります。

網膜裂孔・網膜剥離

網膜裂孔・網膜剥離

硝子体剥離やその他の原因で網膜に穴が開く網膜裂孔、その孔を中心に網膜が眼底から剥がれてしまうのが網膜剥離です。
このような現象がおこると初期症状として目の前を浮遊物が飛んでいるように見える飛蚊症の症状をもたらします。
網膜裂孔の治療はレーザー光線で裂孔の周囲を焼き固め(光凝固法)剥離を防止します。網膜剥離を起こすと手術が必要となります。

ドライアイ

ドライアイ

ドライアイは「目が乾いている」状態ですが「目が乾く」以外の症状でお困りの方もいらっしゃいます。

ドライアイの自己チェック

 目が疲れやすい
 目がごろごろする
 目が重たい感じがする
 目が乾いた感じがする

 物がかすんで見える
 目がかゆい
 目が痛い
 光をまぶしく感じやすい

 何となく目に不快感がある
 目が赤くなりやすい
 理由もなく涙が出る
 目やにが出る

5つ以上チェックがついた方はドライアイの可能性があります。

治療は点眼薬による涙の量的、質的異常の改善を行います。また涙点プラグ挿入術で涙の排出口を塞ぐ方法もあります。

眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労イメージ写真

目が疲れる、目が痛いといったことは誰でも日常よく経験しますが、症状が頑固に続いたり体に悪影響が及ぶこともあります。

特にVDTの普及により職場や家庭、子供にまで目や体や心に症状がでるVDT症候群といわれる病気が増加し問題となっています。

適度な休憩をとったり適切なメガネ・コンタクトを使用するなど早めに対策を立てることが大切です。

※VDT…コンピュータのディスプレイなど表示機器(Visual Display Terminal)のこと

近視

近視

近視には遺伝要因と環境要因があります
遺伝要因は避けられないですが環境要因をできるだけ少なくすることが近視の予防につながります。
すなわちゲームや携帯、パソコン、テレビ、読書など近くを見る場合は30分に一回は遠くを見る時間をいれることが望ましいです。

お子様が視力低下で受診された際には通常の視力検査のあと必要であれば追加検査を行い仮性近視かどうかを検査します。
仮性近視であれば点眼薬の処方にて視力が戻る可能性があります。
本当の近視の場合には黒板の字が見えないようであればメガネ処方をお勧めします。

アレルギー

アレルギー

アレルギーイメージ写真

アレルギー性結膜炎には花粉の飛ぶ時期だけ目がかゆくなる季節性アレルギー性結膜炎とハウスダストやダニ、イヌ、ネコなどに反応する通年性アレルギー性結膜炎があります。

アレルギーの検査として
・指先から採血を行い約20分でアレルゲン(アレルギーを起こす物質)を測定する
 ことができる検査
・涙液を調べることでアレルギー性結膜炎の診断が簡単にできる検査
を行っています。
アレルゲンを知ることでアレルゲンから避けるようにしたり内服薬や点眼薬による予防や治療をおこないます。

アレルギー性結膜炎には花粉の飛ぶ時期だけ目がかゆくなる季節性アレルギー性結膜炎とハウスダストやダニ、イヌ、ネコなどに反応する通年性アレルギー性結膜炎があります。

アレルギーの検査として
・指先から採血を行い約20分でアレルゲン(アレルギーを起こす物質)を測定することができる検査
・涙液を調べることでアレルギー性結膜炎の診断が簡単にできる検査
を行っています。

アレルギーイメージ写真

アレルゲンを知ることでアレルゲンから避けるようにしたり内服薬や点眼薬による予防や治療をおこないます。